<< ウニ。 | main | 私が語りはじめた彼は/三浦しをん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
完璧な病室/小川洋子
評価:
小川 洋子
中央公論新社
¥ 620
(2004-11)
 
独特な静かな世界を感じた一冊。

静寂の中の強い感情ってゆうか、なんだろ。

同時収録のデビュー作「揚羽蝶が壊れる時」の読後感は不思議な感覚。

正気と狂気、正常と異常、自由と拘束、その境界線は?

自分の居場所や現実とは?

うーん。

他の作品にも興味が湧きますわー。



カテゴリ:本。 | 18:26 | comments(0) | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 18:26 | - | - | -
コメント
コメントする