<< インビジブル2 | main | 南極料理人 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
東京島/桐野夏生
評価:
桐野 夏生
新潮社
¥ 1,470
(2008-05)

無人島に漂着した31人の男と1人の女…―食欲と性欲と感情を剥き出しに、生にすがりつく人間たちの極限状態を描いた長篇。

映画が気になってて、原作から手をつけてみた。

なんか好みではなかった。

無人島とか想像したくないわー…。

(3日読了)
カテゴリ:本。 | 13:24 | comments(2) | - | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:24 | - | - | -
コメント
>りこさん

生きるために必死なんだろな〜…。映画はどんな感じなのか気になるよ〜。
| みーちゃん | 2011/08/10 10:37 AM |
宣伝活動での映像しか見てないけど、すごそうだったもんねドロドロしてそうだっきゃ〜
| りこ | 2011/08/09 8:50 PM |
コメントする